3D LED CUBE の作り方 〜その3〜

Arduino を使った 3D LED CUBE の作り方を紹介します。
層を作ったので合体させて立体にします。

実物は三月兎さんのところで展示してありますので、良かったら見て下さい。

 

 

前回までに 3階層分のLEDアレーを作りました。
これを合体させて 3D LED CUBE にしましょう。

注意する点は高さをきれいに合わせること。
治具を使って縦横方向はきれいに合わせられても、高さ方向は腕次第なので
きれいな立方体になるかどうかは腕次第です。

対角の2つのLEDアノードを ハンダでちょん付けしたら ちょっと離れて見てみましょう。
ハンダの乗りを見るときは近くで見て、全体のバランスを見るときは離れて見る、 両方の視点が大切です。

連結した2つのアレー
連結した2つのアレー
曲げたアノードをつなげていく
曲げたアノードをつなげていく

上のアノードが下のLEDを避けて、下のアノードにつながって伸びていく。
カソードに接触しないように注意。

3階層分をつなげた
3階層分をつなげた

3階層分をつなげました。
アノードが9つ、 カソードが3つにまとめられています。

次回はこれをのせる基板を準備しましょう。

関連記事

コメントを残す