2D CAD DraftSightのアクティベーションが上手くいかない時

2D CADソフトの DraftSight のアクティベーションが完了しない不具合を解決する方法の備忘録です。

2D CADソフトの DraftSight レーザー加工をする時や Fusion 360 の下書き、 基板CAD用の部品を作ったりするときにとても便利に使っています。

このソフトは条件を満たすとフリーソフトとして使用できるのですが、 その際アクティベーションが完了したことをソフトが認識しない事があります。

具体的には以下の画面が表示された時にアクティベーションを行うのですが、 受信したメールアドレスに記載されたURLをクリックしてアクティベーション完了 となっても、また以下の画面が表示されてしまうようになります。

この状態で30日を経過してしまうと アプリは強制終了されてしまい、使うことができなくなってしまうのです。

ここで、正常にアクティベーションが完了したことを示すフラグを以下のように立てます。
※アクティベーション完了のためのURLをクリックしてから行ってください。

レジストリエディタを起動して、以下の場所を参照します。
\\HKCU\Software\SWActivation\K2\Software/office/editor/versionII/UserRegData\

この中の、
Software/office/editor/VersionII/Green
の値をコピーして、 以下の2つにコピーします。
Software/office/editor/VersionII/Ready
Software/office/editor/VersionII/Loop

これらが存在しない場合は、新規>文字列値 として新規作成してください。

この状態で再起動すると正常にアクティベーションが完了したことを認識するようになります。

 

関連記事

コメントを残す