AWS IoT と MQTT で (PCとつなぐ AWS設定編)

前回で大まかな経緯について書いたので、今回は Amazon Web Service と PC を MQTT で接続してみます。

MQTT クライアント をインストール

PCには mqttfx というクライアントソフトを使って Amazon AWS IoT に接続します。

こちらのサイトから 最新版をダウンロードしてインストールしておきます。
(2018/01/30時点では Windows版は 1.5.0でした)


AWS IoT で証明書の発行

Amazon Web Service は 昔このWEBページを EC2 でやっていた事があった程度の知識なのですが、ちょっと見ない間に とてもサービスが増えました。

まず、AWS のコンソールにアクセスします。

次に、 全てのサービスの中から、 AWS IoT に入ります。

次に 左のメニューから、[安全性] – [証明書] を開いて、 右上の [作成] をクリックします。
この時、初めての場合はチュートリアルのような画面になっているかもしれません。無視するか、読み替えて実施します。

次に、 [ 1-Click 証明書作成(推奨)] の [証明書の作成] をクリックします。

これだけで 証明書が作成されました!
作成された以下の一式を全てダウンロードして、[有効化] をクリックし、[ポリシーのアタッチ] へ進みます。

  1. このモノの証明書 xxx.cert.pem
  2. パブリックキー   xxx.public.key
  3. プライベートキー xxx.private.key
  4. ルートCA VeriSign-Class 3-Public-Primary-Certification-Authority-G5.pem

ちなみに、ルートCAはブラウザが開いてしまう事があるので、右クリックをして リンク先を名前を付けて保存してください。
なお、ダウンロードはこの場面でしか出来ず、失敗したら作り直しが必要です。

次ページで、証明書に権限(ポリシー)を追加します。

関連記事

AWS IoT と MQTT で (PCとつなぐ AWS設定編)” への2件のフィードバック

コメントを残す