Arduino等で使いやすい 14Seg LED表示器を作りました

Arduino から SPIを使ったシリアル転送で表示できる 14セグ8桁 表示器 を作りました。
ちょっとレトロな感じのする表示器です。
Arduino のライブラリを作ったので、アルファベットが簡単に表示できます。

MakerFaireTokyo2015 で販売します。

完成品は数量わずかしか用意出来ませんでした。

※2016/08/24追記
こちらのYahoo! WEBショップで購入いただけます。

使い方はとっても簡単。
ライブラリを用意したので、以下をコピペして、好きな文字を入れるだけで使用できます。

#include <lib14Seg.h>
#include <SPI.h>
void setup(){
 pinMode(9, OUTPUT);
 pinMode(11, OUTPUT);
 pinMode(13, OUTPUT);
 pinMode(14, OUTPUT);
 LED14Seg.init(9, 0x04, 8); //ラッチ, 輝度, 桁数
}
setup でSPIで使用するポートをOUTPUに設定し、 LED14Seg.init(ラッチ, 輝度, 桁数) を設定します。WS_Sheld を使用する場合や、標準的なArduino UNOであれば、上のままでOKです。
 ※輝度は8桁バージョンでは背面の半固定抵抗で変更し、プログラムからは現状変えられません。
void loop(){
 LED14Seg.setChar("ARDUINO.    Arduino   ");
 LED14Seg.showStop();
 LED14Seg.setScrollSpeed(300); //スクロールするスピード
 
 delay(100000);
}

メインループの方は これだけのコードで この表示器を使うことが出来ます。
LED14Seg.setChar(char*) に表示したい文字を入れて、
LED14Seg.showStop() を呼ぶと、先頭から表示されます。

そのあと、LED14Seg.setScrollSpeed(int speed) でスピードを入れると左にスクロールします。

とっても簡単ですね!

ライブラリはまだ未成熟ですが、アルファベット大文字・小文字を網羅しています。
ASCIIの半角記号までは対応させたいです。

lib14Segライブラリはこちら

※2016/08/24追記
github と mbed のページで最新版を公開するようにしました。

Arduino用ライブラリ
https://github.com/ghz2000/seg14Display8

mbed用ライブラリ
https://developer.mbed.org/users/ghz2000/code/libSeg14Display/


LED14Seg は IN と OUT があり、連結することができます。
中身はビットシフトレジスタで出来ています。

SPI の IN と OUT があり、連結できます
SPI の IN と OUT があり、連結できます
明るさは半固定抵抗で調節できます
明るさは半固定抵抗で調節できます

この半固定抵抗はちょっとだけシビアです。 少し動かすだけで明るさが大きく変わります。
LEDの寿命に直結するので、あまり明るくしすぎないようにしましょう。

スモークカバーをつけると見やすくなります
スモークカバーをつけると見やすくなります
グレーのカバーをつけると見やすくなります
グレーのカバーを被せた所だけ見やすい

グレーの半透明の板をお付けしています。 両面テープを細く切って、上下の隙間に貼ってください。
半透明の板をつけると、明るい場所でも見やすくなります。

消灯状態
消灯状態
アルファベット表示が渋い
アルファベット表示が渋い

商品は半完成状態で販売します。
SPIを使ったシリアルの入力と出力ピンヘッダと、14SegのLED の取り付けをお願いします。
14Seg LEDをつける前にピンヘッダを付けてください。
先に14Seg LEDをつけると、ピンヘッダを取り付けるのが大変になります。


 

オリジナルの検査治具で検査します
オリジナルの検査治具で検査します

半完成状態の基板は自作の検査治具を使い、全数検査をしています。
14Seg LEDを付け終わった後でICやハンダ付けに問題があると大変です。

基板と14セグは全数検査します
基板と14セグは全数検査します

このように検査しています。
14Seg LED もゼロプレッシャーソケットを使って検査しています。

 


回路図はこちらです。

関連記事

Arduino等で使いやすい 14Seg LED表示器を作りました” への1件のフィードバック

コメントを残す