Universal ESPduino のバージョン紹介

ESP8266 をメインチップにした Universalno のようなArduino互換形ブレークアウトボードとしてUniversal ESPduino を作りましたが、構成を考えているうちに複数のバージョンに分かれてしまいました。 ここでは、複数のバージョンについてまとめます。

Universal ESPduino の概要については以下を御覧ください。

UniversalESPduino Arduino互換形ESP8266ブレークアウトボード


2017年3月26日 現在 4バージョンのUniversal ESPduino がありますが、販売しているものはDIP用のVer.1.2とSMD用のVer.2.0 の 2バージョンです。

Ver 実装部品 変更内容 メモ
1.0 DIP用 初版。背面シルクに間違い。Pull-up/down抵抗なし 販売していません
1.1 DIP用 上記間違いを修正。 正式版として販売開始。 OMMF2016で販売
1.2 DIP用 USB MicroB と DCソケットの間隔を広げる。 NT京都2017で販売
2.0 SMD専用 DCレギュレーター等を変更し、SMD専用に変更。 NT京都2017で販売

販売は「DIP用のVer.1.2 の基板のみ」 または 「SMD用のVer.2.0 の基板のみ」 、 「SDM用のVer.2.0 の半完成品」 と3種類となっています。

半完成品ではピンソケット、ピンヘッダ、タクトスイッチ の3種類のDIP部品を はんだ付けするだけで完成するお手軽キットとなっています。

Universal ESPduino は 現在 以下のお店で販売中です。
Ghz2000 Direct

その他のお取り扱い先さまも募集しております。

コメントを残す